傑作アニメーション

ご注文・お問い合わせはこちらをご覧ください

パパ、ママをぶたないで!

100_3537
原作: 日本図書館協会選定「かっぱのすりばちー菊池トヨばあちゃんの語りから」(一声社刊)
2010年|カラー|20分|ノルウェー

父親から母親への暴力を見かねた子どもの実話に基づき、アニメーションの技術を駆使して、女性監督が6年かけて完成。各地の映画祭では「社会への大切なメッセージが込められ、語り口も魅力的」と高い評価を受けた。「アニメーションは人の心情を理解する優れた方法。同じ問題を抱える大人に見てもらい活用してほしい」と監督は語っている。

視聴覚ライブラリー価格: 40,000円(税別)

風を見た少年

kaze原作: C.W.ニコル
2000年|カラー|97分|日本

黄金色に輝く鷲に導かれ、アモンは自分がいにしえから伝えられた空飛ぶ<風の民>の末裔であることを知る。自然を慈しむ<風の民>の子として、真の平和を取り戻し、愛する者を守るため、アモンは独裁者と闘う。スケール感いっぱいに描かれた感動のファンタジー・アドベンチャー。

第45回アジア太平洋映画祭最優秀アニメーション賞受賞。

視聴覚ライブラリー価格: 50,000円(税別)

フイチンさん

huichin原作: 上田トシコ(1959年第5回小学館漫画賞/2003年日本漫画家協会賞文部科学大臣賞受賞)
2003年|カラー|60分|日本

原作は少女マンガ史上不朽の名作。お金持ちのリュウタイ家門番の娘で明るく元気なフイチンさんと、リュウタイ家の一人息子リイチュウ坊ちゃまの毎日が、ユーモラスに描かれる。原作者上田トシコの人物伝が、2013年現在、村上もとか作により「ビッグコミック オリジナル」(小学館)で連載中。

視聴覚ライブラリー価格: 50,000円(税別)

-福島県塙町の創作民話-
ふるさとおはなしめぐり かっぱのすりばち

kappa原作: 日本図書館協会選定「かっぱのすりばちー菊池トヨばあちゃんの語りから」(一声社刊)
2012年|カラー|20分|日本

村の子ども達は、河童のかんきちから素潜りを教えてもらうが、庄屋の息子はどうしてもできず、秘かに一人で練習している時に水死してしまった。それを大人はかんきちの仕業と決めつけ殺してしまう。嘆き悲しむかっぱのかあちゃん。その後、疫病が流行った時、かあちゃんは‥。かけがえのない命、赦し受け入れることの大切さについて考えさせられる。福島県内の小学校の元校長先生による創作民話。道徳の授業で使われている。

視聴覚ライブラリー価格: 40,000円(税別)

もも子、かえるの歌がきこえるよ。

スクリーンショット 2013-09-30 11.26.36

原作 星 あかり(大日本図書「もも子・ぼくの妹」)
監督 四分一節子 企画・製作 桂 壮三郎 音楽 大島ミチル
2003年|カラー|80分|日本

いつも酸素ボンベで呼吸しているもも子は、明るくて負けずキライ、天真爛漫そのもの。そんな妹を愛おしく思う兄の力(リキ)の優しさと心の成長を中心に、家族との葛藤などを通して、生きる喜びと悲しみを描く感動作。

文部科学省選定
推薦/日本PTA全国協議会・映倫青少年審議会・日本子どもを守る会・青少年育成国民会議
推奨/東京都知事

視聴覚ライブラリー価格: 47,620円(税別)

広告