『イエロー・ケーキ クリーンなエネルギーという嘘』スタッフ

TOP 解説 コメント 上映予定 トークレポート 記事

監督 ヨアヒム・チルナー
撮影 ロベルト・ラーツ ヤナ・マルジク ラース・バルテル フリード・ファイント クリスチャン・マレッケ アンドレ・グーツマン
編集 ヨアヒム・チルナー ブルクハート・ドラクセル ナレーション ハンス‐エッカート・バンツェル
歌 バンツェル
音楽 フレッド・クリューガー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
監督 ヨアヒム・チルナーJoachim Tschirner
1948年旧東ドイツのヴィッテンベルク生まれ。大学で美学と文化理論を専攻し、1975年にDEFA(1946年~1992年。旧東ドイツにあった映画製作会社)でドキュメンタリー映画の編集者としキャリアをスタートさせ、1980年から監督としても映画製作に関わる。ベルリンの壁崩壊後、1990年から1991年の間、映画・テレビ連盟の代表を務める。1991年に、彼を含むDEFAのアーティスティック分野の職員全員が解雇されたため、自主製作プロダクションUm Welt Filmを設立し、一貫して環境問題に関するドキュメンタリーを制作している。

旧東ドイツでは環境問題はほぼタブーであった。チルナー監督自身が、環境問題に関心をもったのは、1980年代半ば、旧ソ連ではゴルバチョフ政権時代のグラスノスチ(情報公開)の頃である。これまでにアラル海についての作品“Der Aralsee wo das Wasser endet,endet die Erde”(1998年)や、「イエロー・ケーキ クリーンなエネルギーという嘘」でも撮影しているヴィスムートについてのドキュメンタリー”Die verschwundenen Doerfer der Wismut “(2006 年/1951年から1968年までの間にチューリンゲンから消えた5つの村についての作品)、”terra incognita-Die Wismut”(2003~2007年) などを監督している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

製作助成 Kulturelle Filmfoerderung des Bundes BKM/ DEFA-Stiftung/Wismut GmbH/ Thueringer Kultusministerium/Mitteldeutsche Medienfoerderug/ FFA-Filmfoerderanstalt/Medienboard Berlin-Brandenburg 共同製作 November Film /ARTE/ RBB/MDR
製作 Um Welt Film Produktiongesellshaft GmbH